ごはんと飲み物は紙一重

Pythonを中心とした、データ分析や機械学習・深層学習関連の記事を書いてます。あとは気まぐれで書く日記や大学のことなどなど・・・

【サポーターズ】エンジニア1on1面談会に参加してきたぞ!

東京に来た目的の1つ

様々なIT企業が集まって1対数名(人事・エンジニア)といろいろお話させてもらえる機会を大量につくれるということで参加してまいりました!東京に来て昨日からウキウキしている私は、東京寒すぎるにもかかわらず朝6時起床。お前は修学旅行中の小学生か。

というわけで、時間に遅刻することなく(むしろ早いくらいに)到着!

1番乗りでした(見間違いでなければ)。

うちなータイムとかいう甘えは東京では許されないですからね((((

面談会スタート

まずはサポーターズの方によるオープニングに始まり、一日がとてもハードなものになると告げられ、イベントは始まっていきました。そこで花粉症の話になり・・・

ほんと、雪と花粉症とは全然縁がないですね。

企業プレゼン

全企業ではないのですが、ざっくりとした会社紹介ということで、企業理念や会社の風習などをざっくりと聞くことができました。コレを聞けると実際に質問する際に、どこを質問しようか考えられるので個人的には全企業に発表してほしいなと思いましたが、やはり開催が土日なので休日返上なのかなと思うと、忙しい企業ほどスライドが準備できなくなっちゃうのかなぁ・・・

お昼休憩

わりと外食するほどの時間はなく近くのコンビニでご飯を購入し会場で食べることに。最近のコンビニ飯ほんとうまいなおい。

1on1面談会

ここからが本番、13時から18時過ぎまでの怒涛の面談!企業さんも学生さんも体力勝負!

ということで、流れといたしましては、

自己紹介プレゼン→企業紹介→お互いの質疑応答

と言うかたちで約25分ほどをMAX9社でやっていきました。(私は9社MAXでした・・・)

内容については書き出すほど気力が残っていないので、個人的に印象に残ったところを挙げていくと

  • 最近のITエンジニア界隈は、エンジニア独自で働く環境を見直しており、エンジニアが楽しく成長できる環境を作っている

    • フレックスタイム制裁量労働制やリモートワークなどいくらかエンジニアが不自由なく働けるような仕組みをどんどん採用している
    • 勉強会や学会発表など会社で積極的に推奨している
  • 新卒という肩書を大きく利用していろんな企業をみて、自分にマッチする企業を探すこと

    • 会社のビジョンが個人のビジョンに近いものなのか。
    • そこで一緒に働く人はこれからも一緒に働いていきたいと思う人達なのか
  • 企業はあくまで問題解決ベースでその上に技術が成り立っている。研究とはまた違う。

    • 技術は一つの問題解決ツールであり、技術ベースの解決ではない
    • もともとはAIや機械学習の部門はなかったが時代がそういう方向に進んでいるからこそその最先端についていく必要がある

この3点ですかね。私自身がデータ分析や機械学習関連の勉強ばっかりしていたからこそ、見えていなかった視界がとても広がったように感じました。個人的には後半に行くに連れて自分の質問が多くなり、結果としてもはや進路相談になっていたのではないかと←

あとは「BtoB」とか「ドリブン」とかの意味がわからず休みの時間に秒でググってました。この辺も覚えていかないと・・・

だんだん時間を追う毎に疲れては来ましたが、9ターム目までテンションキープしてしっかり面談しました!

そして面談の日程を終え、ピザとビールにて懇親会でした!ピザうめぇ。ピザうまかったのと、企業さんともう一度話したかったこともあり、写真を撮り忘れる失態・・・初めてエビスの黒ビールとか飲んだ。

サポーターズの運営さんは、朝早くからにも関わらず、運営や進行など本当にありがとうございました!今日のイベントのフィードバックとかを直接社員さんに話しているので次回以降のイベントも改善されていけると個人的には嬉しいです!

懇親会を終え

今回の面談で一番印象に残った企業さんのオフィスに月曜日見学のご招待いただけることになりました。本当にありがたいお話です。こういう機会が作れたのもほんとイベントのおかげなので感謝してもしきれません。

改めまして、サポーターズの運営の皆様と、本イベント参加していただいた、各企業のエンジニア・人事様、遠くから東京に来てくれた学生さんに感謝したいと思います!明日のギークフェスタにも参戦予定ですので、引き続きどうぞよろしくお願いします!